CCUS(建設キャリアップシステム)のメリット実感2割?

現役現場監督社長のつぶやき

迷走の続く建設キャリアップシステム。お金がかかる割にはメリットがないと

余り評判が良くない。建設通信新聞のコラムには不当な価格競争から技能者(職人)を守るとあり、アメリカのユニオン制度との差を書いてあり、大変勉強になった。※建設論評参照

アメリカの制度を真似しても、土台である日本の建設業の風土を変えない限り

難しいのでは。

スーパーの無人レジでもすぐ日本人は機械を作ってしまう。

ゼネコンもロボットを作る。

CCUSも同じで、QRコードの機械(結構ゴツい笑)の普及を急ぐ。

Amazon GOみたいな今あるスマホを使ってなんとかならないか?友達の鳶社長は嘆く

「いちいち銭払うにしては、メリットが何もない」

すぐモノや機械、ロボットを作ってしまうものづくり大国日本。

ITインフラやDXを進める上で、転換期ではないだろうか?

 

 

 


メニュー