BIMの普及と働き方改革

本日のツイートはこちら

BIMの目的は、設計意図と施工者の質疑の伝達及び

工事における干渉部の洗い出しにあると思う。

施工図作図段階では打ち合わせの円滑と時間短縮。

工事では干渉部によるやり直しの減少が成果として現れるが、

どちらも設計者、監督、作業員の勤務時間を多く取る要因であり、

これが少なくなることは働き方改革に非常に有効だ。

①BIMのオペレーターの不足、

②導入コストの問題等あるが、

建設業の働き方改革実現のためにも

『もっと簡単で簡単』

『安い』

ハードルの低い

「BIMもどき?」

であってもいいのでは?


メニュー